OCTを用いたステント拡張指数と最終FFR、臨床成績との関連性: ILUMIEN Ⅰサブ試験

ILUMIEN Ⅰのサブ試験より、OCTを用いたステント拡張指数は、従来の方法によるステント拡張評価と比較し、ステント留置後急性期の生理学的改善と、1年のデバイス関連のイベントの予測能が高かったことが、アメリカ、Case Western Reserve UniversityのDaisuke Nakamura氏らにより、8月13日号のJACC: Cardiovascular Interventions誌で報告された。