末梢動脈の血行再建後1年のMALEと治療成績

実臨床で末梢血管に血行再建を受けた患者において、約10%は1年以内に重症有害下肢イベント(MALE)により入院を経験したことが、アメリカ、University of Colorado School of MedicineのConnie N. Hess氏らにより、8月28日号のJournal of the American College of Cardiology誌で報告された。