Meet the Investigator ~IMPERIAL試験を読み解く~ 関西労災病院 飯田 修 氏

飯田氏

TCT 2018のLate-Breaking Trialsセッションにおいて、日本も参加したIMPERIAL試験の結果が発表された。本試験では、大腿膝窩動脈病変に対し、既存のDESとポリマーを使用して薬剤を溶出させるEluviaステントの1年の成績が比較され、Eluviaステントの有効性が上回るとの結果が示された。

TCROSS NEWSでは、IMPERIAL試験の結果について、日本のインベスティゲーターの1人である関西労災病院の飯田修氏に取材を行い、本試験の実臨床への影響を伺った。