NIRS(Near-Infrared Spectroscopy)を使用した不安定プラークの同定: LRP試験

LRP試験より、カテーテル検査/PCIを受け、ガイドラインの薬物療法で治療された患者の約9%はその後24ヶ月の間に非責任病変に起因するMACEを経験し、血管内近赤外線分光法(NIRS)イメージングにより不安定度が高いと評価されたプラークは将来的にイベントを引き起こすリスクが高いことが、アメリカ、MedStar Washington Hospital CenterのRon Waksman氏により、TCT 2018のLate-Breaking Trialsセッションで発表された。