The Professionals: ハイリスク患者の診断と治療戦略 CASE 5

永井 宏幸 氏
 演者   梅本 紀夫 氏   (一宮市立市民病院) 

ファシリテーター 大川 育秀 氏(名古屋ハートセンター)

ご意見番 佐田 政隆 氏(徳島大学)、華岡 慶一 氏(華岡青洲記念心臓血管クリニック)

強豪校のバスケットボール部に所属する10代女性。部活中に胸痛、冷や汗などを呈し救急搬送。経過観察で症状が改善し、運動負荷試験も陰性であったため退院したものの、1ヶ月後、再度部活中に症状が発現し、緊急搬送。カテ中に心停止を来し、左冠動脈起始異常と判断された本症例の最適な治療戦略はステント、それともPOBA?

※本動画は第8回豊橋ライブデモンストレーションコースより収録いたしました。

この記事は
プラチナ
メンバー
限定です
新規会員登録