【JATS 2018】本邦における大動脈弁狭窄症治療の現状

第71回日本胸部外科学会定期学術集会のRapid Responseセッションにおいて、埼玉医科大学国際医療センター心臓血管外科の中嶋博之氏を座長に、国内のTAVR実施施設より自施設の大動脈弁狭窄症(AS)治療の成績や課題などが紹介された。