BVS留置後の再狭窄パターン: GHOST-EUレジストリー

GHOST-EUレジストリーより、生体吸収性スキャフォールド(BVS)留置後の再狭窄(セグメント内径狭窄率≧50%)は主に限局性であり、小血管への留置が再狭窄の強力な独立予測因子であったことが、ドイツ、Munich University ClinicのMoritz Baquet氏らにより、8月号のCatheterization and Cardiovascular Interventions誌で報告された。