EVT、又は外科的下肢血行再建術を受けた患者における心血管イベントリスク: EUCLID試験

EUCLID試験より、下肢血行再建を受けた患者では血行再建を受けなかった患者と比較し、MI、虚血性脳卒中、心血管死のリスクが有意に高かったことが、スイス、University of BernのIris Baumgartner氏らにより、10月2日号のJournal of the American College of Cardiology誌で報告された。