安定冠動脈疾患患者におけるFFR値とPCI後のQOL改善との関連: FAME 1試験、FAME 2試験

FAME 1試験、FAME 2試験より、安定冠動脈疾患患者において、術前のFFR値はPCI後のQOLの改善に関連していたことが、アメリカ、Stanford University School of Medicine and Stanford Cardiovascular InstituteのTakeshi Nishi氏らにより、10月23日号のCirculation誌で報告された。