臨床試験で除外される複雑な大腿膝窩動脈病変に対するDCB: IN.PACT Global試験事後解析

IN.PACT Global試験の事後解析より、通常無作為試験から除外される複雑な大腿膝窩動脈病変を有する患者においても、IN.PACT Admiralパクリタクセルコーティッドバルーン(DCB)による治療後12ヶ月の臨床由来のTLR回避率は90%以上であったことが、アメリカ、Ohio Health/Riverside Methodist HospitalのGary M. Ansel氏らにより、12月号のJournal of Endovascular Therapy誌で報告された。