冠動脈のステント内再狭窄に対するDCB vs DESの造影、及び臨床成績: BIOLUX試験

BIOLUX試験より、冠動脈のBMS、又はDESのステント内再狭窄病変に対するパクリタクセルコーティッドバルーン(DCB)とDESの治療で、6ヶ月のlate loss、並びに18ヶ月のTLFの割合に差はなかったことが、ドイツ、Elisabeth Krankenhaus EssenのChristoph J. Jensen氏らにより、11月号のEuroIntervention誌で報告された。