大腿膝窩動脈のステント内再狭窄に対するDCB: メタ解析

メタ解析より、大腿膝窩動脈のステント内再狭窄に対する薬剤コーティッドバルーン(DCB)による治療は、通常のバルーン形成術(POBA)と比較して、1年のTLR、及びステント内再狭窄の再発のリスクが有意に低かったことが、ドイツ、Technische Universitat MunchenのSalvatore Cassese氏らにより、12月号のCirculation: Cardiovascular Interventions誌で報告された。