冠動脈分岐部モデルへのステント留置においてリンクの位置がステントの変形と側枝のジェイルに与える影響

冠動脈モデルのベンチテストより、分岐部へのクロスオーバーでのステント留置時の側枝入口部のステントのリンクの有無は、re-POT後の不完全なストラットアポジション、及び側枝入口部のjailと関連しなかったことが、Kawasaki Medical SchoolのTeruyoshi Kume氏らにより、1月1日号のCatheterization and Cardiovascular Interventions誌で報告された。