TAVR後の抗凝固療法が長期予後と早期の生体弁機能不全に与える影響: FRANCE TAVIレジストリー

FRANCE TAVIレジストリーより、TAVR後の抗凝固療法は早期の生体弁機能不全(BVD)のリスクを低下させたことが、フランス、Pitie-Salpetriere HospitalのPavel Overtchouk氏らにより、1月8日号のJournal of the American College of Cardiology誌で報告された。