癌患者におけるTAVR後の予後: TOP-ASレジストリー

TOP-ASレジストリーより、癌患者におけるTAVR後の短期成績は非癌患者と同等であったが、長期予後は進行癌の影響で不良であったものの、ステージⅠ/Ⅱの癌は1年の死亡率を上昇させなかったことが、イスラエル、Rabin Medical CenterのUri Landes氏らにより、1月14日号のJACC: Cardiovascular Interventions誌で報告された。