OCTにより評価したDESとBMSのステント内再狭窄内のneoatherosclerosisの違い

DESのステント内再狭窄では、BMSのステント内再狭窄と比較しneoatherosclerosisの頻度は高いものの、より限局性で、TCFAの線維性被膜は厚かったことが、Osaka Rosai HospitalのDaisuke Nakamura氏らにより、1月号のCirculation Journal誌で報告された。