PAD分類を斬る!TASC分類

末梢動脈における狭窄の部位や長さなど解剖学的な観点からカテーテル治療の難易度を分けるTASC分類。その問題点に迫り、臨床医が考える基準を提示します。

本動画はCPAC 2018より収録いたしました。

この記事は
プラチナ
メンバー
限定です
新規会員登録