3D-OCTガイドによる分岐部ステント術:実臨床へのおすすめ

分岐部病変におけるステント留置時のためのモダリティとして、3D-OCTの有用性が本邦から報告されています。本ケースを通じて、その活用法を解説します。LMTを含む分岐部病変にOCTガイドによる手技で挑んだ症例をご覧ください。

本動画はJBC@CVIT 2018より収録いたしました。

この記事は
プラチナ
メンバー
限定です
ログイン/会員登録