VIVA 19開催間近 ~パクリタクセルデバイス問題は解決に向かうのか?~

Vascular InterVentional Advances(VIVA)19が11月4日(月)から7日(木)に、アメリカ、ラスベガスで開催される。

本コースは北米最大の末梢血管インターベンションコースであり、循環器内科、血管外科、放射線科など末梢血管領域に携わる医療従事者に向けた教育的プログラムが設けられている。例年約30ヶ国から参加者が集まり、日本からの参加者も多く、今年は横井宏佳氏(福岡山王病院/国際医療福祉大学)と昨年VCA Awardを受賞した飯田修氏(関西労災病院)がファカルティに名を連ねている。