年間5億ドルの削減で、患者は適切にスクリーニングされるのか? ~ISCHEMIA試験の真髄に迫る~

ISCHEMIA試験にフォーカスしたAHA Scientific Sessions 2019のLate Breaking Scienceセッションでは、ISCHEMIA試験の結果を発表したJudith Hochman氏(NYU School of Medicine)、ISCHEMIA-CKD試験の結果を発表したSripal Bangalore氏(NYU School of Medicin)、健康状態についての解析結果を発表したJohn Spertus氏(Saint Luke's Mid America Heart Institute/UMKC)らとともに、モデレーターとしてORBITA試験を実施したRasha Al-Lamee氏(Imperial College London)ら、また、パネリストとしてTCTのCo-Directorであり、数々のPCI関連の臨床研究に携わるRoxana Mehran氏(Mount Sinai Hospital)らが登壇し、セッションの最後に議論が行われた。

この記事は
ゴールドプラチナ
メンバー
限定です
ログイン/会員登録