トップ keyboard_arrow_right 学術集会速報 keyboard_arrow_right AHA

LVEFが≧50%の心不全患者におけるエンパグリフロジンの効果: EMPEROR-Preserved試験

EMPEROR-Preserved試験より、LVEFが≧50%の心不全患者において、エンパグリフロジンはプラセボと比較して心血管死/心不全入院のリスクを有意に低下させたことが、ドイツ、Charite Univsmedizin BerlinのStefan Anker氏により、AHA 2021のLate-Breaking Scienceセッションで発表された。

EMPEROR-Preserved試験では、LVEFの保たれた(>40%)心不全(HFpEF)患者において、糖尿病の有無にかかわらず、エンパグリフロジン(10mg/日)はプラセボと比較して心血管死/心不全入院のリスクを有意に低下させたことが報告された。 本試験では、LVEFが≧50%の患者と41-49%の患者を層別化して無作為化しており、本解析では、LVEFが≧50...