トップ keyboard_arrow_right 学術集会速報 keyboard_arrow_right TCT

外科的治療に中等度リスクの大動脈弁狭窄症患者におけるTAVR vs SAVR: SURTAVI試験5年成績

SURTAVI試験より、手術に中等度リスクの重症大動脈弁狭窄症患者において、自己拡張型弁を使用したTAVRと外科的大動脈弁置換術(SAVR)の5年の死亡/脳卒中の割合に差はなかったことが、ドイツ、Catholic University of LeuvenのNicolas Van Mieghem氏により、TCT 2021のLate-Breaking Clinical Trialセッションで発表された。

SURTAVI試験では、手術に中等度リスクの重症大動脈弁狭窄症患者1,746人を、TAVR群(879人)、又はSAVR群(867人)に無作為に割り付...