トップ keyboard_arrow_right 学術集会速報 keyboard_arrow_right TCT

心房細動患者における左心耳閉鎖術とDOACの無作為比較試験からの3年成績: PRAGUE-17試験

PRAGUE-17試験の4年追跡より、ハイリスクの非弁膜症性心房細動患者において、左心耳閉鎖術(LACC)は心血管、及び神経系イベントの予防において、DOACに対し非劣性であったことが、チェコのCharles University and University HospitalのPavel Osmancik氏により、TCT 2021のLate-Breaking Clinical Trialセッションで発表された。

PRAGUE-17試験では、2015年10月から2019年1月にチェコの10施設より、治療、又は入院を必要とする出血歴、抗凝固薬服用中の心原性塞栓症...