トップ keyboard_arrow_right 学術集会速報 keyboard_arrow_right TCT

冠動脈疾患患者におけるSynergy vs Orsiro vs Resoluteステント: BIO-RESORT試験5年追跡

BIO-RESORT試験の5年追跡より、冠動脈疾患患者において、Synergyエベロリムス溶出ステント(EES)、Orsiroシロリムス溶出ステント(SES)、Resolute Integrityゾタロリムス溶出ステント(ZES)の3つのDESは、全死亡を含めた5年の安全性と有効性の評価において、同等の成績であったことが、オランダ、Thoraxcentrum TwenteのEline Ploumen氏により、TCT 2021のFeatured  Clinical Researchセッションで発表された。

BIO-RESORT試験では、all comersデザインで多施設より登録したDESを使用したPCIが必要とされる患者3,514人を、耐久性ポリマーを使用したZES(ストラット厚91µm)、生分解性ポリマーを使用したEES(74µm)、又は生分解性ポリマーを使用したSES(60µm)で治療する群に、無作為にそれぞれ1,173人、1,172人、1,169人を割り付けた。