トップ keyboard_arrow_right ジャーナル keyboard_arrow_right 論文その他

大腿膝窩動脈病変におけるIVUS vs 造影による評価での血管径の違い

大腿膝窩動脈病変のIVUSで評価したリファレンス血管径(RVD)は、造影による評価と比較して大きく、約半数の症例ではその差は≧1mmであったことが、Kansai Rosai HospitalのOsamu Iida氏らにより、6月号のJournal of Endovascular Therapy誌で報告された。

Iida氏らは、多施設前向きデータベースに登録された、大腿膝窩動脈病変にIVUSを用いてEVTを受けた症候性の末梢動脈疾患患者1,725人の1,96...