トップ keyboard_arrow_right ジャーナル keyboard_arrow_right 論文その他

透析患者における下肢病変に対するパクリタキセルコーティッドデバイスによる治療後の死亡率

下肢疾患に対してEVTを受けた透析患者において、パクリタキセルコーティッドデバイスを使用した治療後の死亡率は、非コーティッドデバイスの使用と比較して有意に低かったことが、ドイツ、Universitats-Herzzentrum Freiburg-Bad KrozingenのTanja Bohme氏らにより、4月号のJournal of Endovascular Therapy誌で報告された。

Bohme氏らは、2010年から2018年に、腸骨/大腿膝窩/膝下動脈病変の治療を受けた透析患者1,125人のうち、359人を対象とし、パクリタキセルコー...
全会員がご覧いただけます。
\利用者数20,000人/
多くの循環器内科医が利用している
TCROSS NEWSとは?
  • check_box 年間1,300本の循環器コンテンツを配信
  • check_box 多くの医療機関で採用
  • check_box プラチナ会員満足度は92%
JACC、Circulationなど、領域特化のサマリーを毎日配信
日循、ESC、AHAなど国内外の学会発表を速報でお届け
豊橋ライブなど提携ライブデモンストレーションを年5回配信
ガイドライン班長への取材、手技動画など独自コンテンツ多数
頼れる情報が、あなたを強くする