トップ keyboard_arrow_right ジャーナル keyboard_arrow_right AHJ

HBR患者におけるDESを用いたPCI後のDAPTの期間: メタ解析

メタ解析より、DESの留置を受けた出血リスクの高い(HBR)患者において、短期の2剤の抗血小板療法(DAPT)戦略は、長期のDAPT戦略と比較して死亡、MIのリスクを上昇させることなく、重症出血のリスクを低下させたことが、アメリカ、Brown UniversityのAakash Garg氏らにより、8月号のAmerican Heart Journal誌で報告された。

Garg氏らは、HBR患者においてDESを用いたPCI後≦3ヶ月のDAPT後にアスピリン、又はP2Y12阻害薬による単剤の抗血小板療法(SAPT)に...