トップ keyboard_arrow_right ジャーナル keyboard_arrow_right Circulation

中等度以上の虚血を認めた非閉塞性冠動脈疾患患者の自然経過: CIAO-ISCHEMIA試験

CIAO-ISCHEMIA試験より、非閉塞性冠動脈由来の虚血性心疾患(INOCA: Ischemia with No Obstructive Coronary Artery disease)患者において、1年の追跡で虚血と狭心症の改善は一般的に認められたものの、それらに関連性はなかったことが、アメリカ、New York University Grossman School of MedicineのHarmony Reynolds氏らにより、9月28日号のCirculation誌で報告された。

CIAO-ISCHEMIA試験は、2014年から2019年に実施され、ISCHEMIA試験に登録されたものの無作為化されなかったINOCA患者(CI...