トップ keyboard_arrow_right ジャーナル keyboard_arrow_right Circulation

TAVRを受けた患者における自己大動脈弁疾患の進行と生体弁の変性

TAVRを受けた患者において、自己大動脈弁の疾患は進行中であり、TAVRで留置した生体弁の変性は外科的大動脈弁置換術(SAVR)で留置した生体弁と同程度であることが、ポーランド、Institute of CardiologyのJacek Kwiecinski氏らにより、10月26日号のCirculation誌で報告された。

Kwieciniki氏らは、多施設共同横断的観察コホート研究において、ベースラインで心エコー、CT造影、及び18F-NaF PET検査を行ったTAV...