トップ keyboard_arrow_right ジャーナル keyboard_arrow_right EHJ

糖尿病及び慢性腎臓病を有する患者におけるカナグリフロジンの血清カリウムに対する影響: CREDENCE試験

CREDENCE試験より、レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系阻害薬で治療を受ける2型糖尿病、及び慢性腎臓病の患者において、カナグリフロジンは低カリウム血症を増加させることなく高カリウム血症のリスクを低下させたことが、オーストラリア、UNSW SydneyのBrendon Neuen氏らにより、12月21日号のEuropean Heart Journal誌で報告された。

CREDENCE試験では、2型糖尿病と慢性腎臓病を有する4,401人を、カナグリフロジン群、又はプラセボ群に無作為に割り付けた。Neuen氏らは、本...