トップ keyboard_arrow_right ジャーナル keyboard_arrow_right EHJ

心房細動カテーテルアブレーション後の経口抗凝固療法

日本のレセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)を用いた研究より、心房細動に対するカテーテルアブレーション後の経口抗凝固療法(OAC)継続のベネフィットとリスクはCHADS₂スコアにより異なり、血栓塞栓症リスクの低い患者では、OAC継続による血栓塞栓症リスクの低下を重症出血リスクが上回る可能性が示されたことが、National Cerebral and Cardiovascular CenterのKoshiro Kanaoka氏らにより、2月14日号のEuropean Heart Journal誌で報告された。

Kanaoka氏らは、NDBに登録された2014年4月から2021年3月に心房細動に対してカテーテルアブレーションを受けた患者231,374人を対象とし、...
この記事は無料会員登録でご覧いただけます。
TCROSS NEWSは、循環器領域に携わる医療従事者のための循環器総合情報サイトです。皆様のお役に立つコンテンツをお届けしております。
業界ニュースや最新の海外論文を日本語でお届け
全プラン
循環器内科を中心に7,000名以上の医師が登録中
全プラン
学術集会速報・オリジナル記事をどこよりも早くお届け
ゴールド プラチナ
循環器領域特化のオリジナル動画コンテンツが見放題
プラチナ
豊橋ライブデモンストレーションコース、JBCなどの提携ライブにご招待
プラチナ
有料会員満足度92%!臨床に役立つ価値のある情報をお届け
ゴールド プラチナ

有料プランにご満足いただけないときは、60日間返金保証を行っております。