トップ keyboard_arrow_right ジャーナル keyboard_arrow_right JACC

リポ蛋白(a)と動脈硬化性プラーク進展の関連

多枝疾患を有する安定冠動脈疾患患者において、リポ蛋白(a)[Lp(a)]は冠動脈の低輝度プラーク(necrotic core)の進展と関連していたことが、オランダ、University of AmsterdamのYannick Kaiser氏らにより、1月25日号のJournal of the American College of Cardiology誌で報告された。

Kaiser氏らは、イギリスの単施設よりDIAMOND試験に登録されたベースラインと12ヶ月後に冠動脈CT造影検査を受けた多枝冠動脈疾患を有する安定...