トップ keyboard_arrow_right ジャーナル keyboard_arrow_right JACC

MI歴のある患者におけるイコサペント酸エチルの心血管イベントに対する効果: REDUCE-IT試験事後解析

REDUCE-IT試験の事後解析より、スタチンを服用しており、LDL-Cがコントロールされ、トリグリセリド値の高いMI歴のある患者において、イコサペント酸エチル(IPE)はプラセボと比較して、心血管死を含む心血管イベントを抑制したことが、アメリカ、Brigham and Women’s HospitalのPrakriti Gaba氏らにより、5月3日号のJournal of the American College of Cardiology誌で報告された。

REDUCE-IT試験では、スタチン治療を受けており、LDL-Cがコントロールされ、トリグリセリド値が上昇している患者8,179人を、IPE群、又は...