トップ keyboard_arrow_right ジャーナル keyboard_arrow_right JAHA

ACS患者の非責任病変に対するストロングスタチンに加えたEPA、DHAの効果

ストロングスタチンに加えたEPA、又はEPA+DHAによる治療は、スタチン単剤による治療と比較して、ACS患者の非責任病変の線維性キャップの厚さ(FCT)を有意に増加させることはなかったが、FCTの薄い患者においては有意な増加が認められたことが、Nara Medical UniversityのYoko Kita氏らにより、8月18日号のJournal of the American Heart Association誌で報告された。

Kita氏らは、2014年5月から2017年3月に、日本の5施設より、ACSでPCIに成功しストロングスタチンで治療されている患者130人を登録し、...