トップ keyboard_arrow_right ジャーナル keyboard_arrow_right JAHA

大腿膝窩動脈疾患患者におけるパクリタクセルコーティッドデバイスによる治療後の死亡リスク: メタ解析

無作為試験のメタ解析より、大腿膝窩動脈疾患患者において、パクリタクセルコーティッドデバイス(バルーン、又はステント)による治療後に死亡リスクが上昇する可能性が示されたことが、ギリシャ、Patras University HospitalのKonstantinos Katsanos氏らにより、12月18日号のJournal of the American Heart Association誌で報告された。

Katsanos氏らは、大腿動脈/膝窩動脈疾患患者において、パクリタクセルコーティッドデバイスを評価した無作為試験のメタ解析を行い、主要安全性評価項...