トップ keyboard_arrow_right ジャーナル keyboard_arrow_right JAMA

21歳未満の静脈血栓塞栓症患者における6週間vs 3ヶ月の抗凝固療法: The Kids-DOTT試験

The Kids-DOTT試験より、21歳未満の誘因の明らかな静脈血栓塞栓症(VTE)患者において、3ヶ月と比較し、6週間の抗凝固療法は、VTE再発と出血リスクの評価において非劣性基準を満たしたことが、アメリカ、Johns Hopkins All Children’s HospitalのNeil Goldenberg氏らにより、1月11日号のJAMA誌で報告された。

The Kids-DOTT試験では、2008年から2021年に5ヶ国42施設より登録した21歳未満の急性の誘発因子のあるVTE患者417人を6週間の...