トップ keyboard_arrow_right ジャーナル keyboard_arrow_right Lancet

COVID-19パンデミック下の日本におけるPCI: J-PCIレジストリー

J-PCIレジストリーより、2020年のCOVID-19パンデミック下のPCI症例数は2019年と比較して約7%減少しており、ハイリスクな患者の割合が高く、院内死亡率は有意に高かったことが、Kyoto University Graduate School of MedicineのKyohei Yamaji氏らにより、5月号のThe Lancet Regional Health-Western Pacific誌で報告された。

Yamaji氏らは、2019年1月から2020年12月に、1,068施設よりJ-PCIレジストリーに登録されたPCI患者489,001人を対象とし、...