トップ keyboard_arrow_right 学術集会速報 keyboard_arrow_right TCT

特発性冠動脈解離後の長期臨床成績: CanSCAD試験

CanSCAD試験より、特発性冠動脈解離(SCAD)の約85%は保存的に治療されたが、3年のMACEの割合は14%と低く、そのうち半数は最初の14日までに認められたことが、カナダ、Vancouver General HospitalのJacqueline Saw氏により、TCT 2021のFeatured Research Clinical Researchセッションで発表された。

CanSCAD試験では、2014年6月から2018年6月に、カナダの20施設とアメリカの2施設より、非アテローム動脈硬化性の新規急性SCADとコアラ...