トップ keyboard_arrow_right 論文 keyboard_arrow_right 論文その他

LVEFが低下した心不全患者におけるサクビトリル/バルサルタンの効果: LIFE試験

LIFE試験より、LVEFの低下した重症の心不全患者において、NT-proBNP値の変化においてサクビトリル/バルサルタンとバルサルタンの間に有意差はなかったことが、アメリカ、Washington University in St LouisのDouglas Mann氏らにより、11月3日号のJAMA Cardiology誌のOnline版で報告された。

LIFE試験では、2017年3月から2020年3月に登録されたNYHAクラスがIVの心不全患者355人を、標準治療に加えてサクビトリル/バルサルタン(1日2回 200mg)で治療する群(167人)、又はバルサルタン(1日2回 160mg)で治療する群(168人)に無作為に割り付け、ベースラインと24週にわたるBT-proBNPを比較した比のAUCを評価した。 対象患者の73%が男性で、平均年齢は59.4歳であった。短期のrun-in期間に72人(18%)はサクビトリル/バルサルタン(100mg/日)に耐えられず、24週間の試験期間中に49...