トップ keyboard_arrow_right 論文 keyboard_arrow_right 論文その他

非ステント留置領域の偏心性石灰化病変に対する新規再灌流テクニックの有効性: ARCADIAテクニック

末梢動脈疾患患者において、ARCADIAテクニックはワイヤクロッシング法の1つとして非ステント留置領域の偏心性石灰化病変の治療に有効であることが、Toyohashi Heart CenterのHirokazu Konishi氏らにより、Journal of Endovascular Therapy誌のonline版で報告された。

ARCADIAテクニックでは、最初にガイドワイヤを残余の内腔に通過させる。次にIVUSガイドで別のガイドワイヤを石灰化プラークの中を進めて通過させ、遠位部の内腔に進める。そして、スコアリングバルーン、又はノンコンプライアントバルーンを用いて、石灰化プラークを拡張する。この際にCrosserを使用することもある。