トップ keyboard_arrow_right 特集 keyboard_arrow_right トライアリスト

Meet the Trialist ~ARCADIAテクニックの実用性~

近年、末梢動脈疾患患者において、特に総大腿動脈や膝窩動脈などステントを留置しない領域に対し薬剤コーティッドバルーンなどを使い、ステントを留置しない治療の有効性が示されています。しかしながら、石灰化病変などでバルーンの十分な拡張を得るにはvessel preparationが重要であり、Journal of Endovascular Therapy誌のonline版で、このような病変に対し有効なテクニックとして、ARCADIAテクニックの有用性が報告されました。

TCROSS NEWSでは、筆頭著者である豊橋ハートセンターの小西宏和氏に、本テクニックについて伺いました。