トップ keyboard_arrow_right ジャーナル keyboard_arrow_right AJC

標準的な心血管リスク因子のない冠動脈疾患患者の予後: CREDO-Kyoto PCI/CABGレジストリーコホート2、3

CREDO-Kyoto PCI/CABGレジストリーコホート2、3より、初回冠血行再建を受けた患者において、標準的な心血管リスク因子を持たない患者は、リスク因子を持つ患者と比較して中央値5.6年の追跡で全死亡率が高かったことが、Kyoto UniversityのKo Yamamoto氏らにより、2月1日号のThe American Journal of Cardiology誌で報告された。

Yamamoto氏らは、CREDO-Kyoto PCI/CABGレジストリーのコホート2、3に登録された初回冠血行再建を受けた連続患者30,098人...