トップ keyboard_arrow_right ジャーナル keyboard_arrow_right Circ J

第2世代以降のDES留置後の消化管、及び頭蓋内出血イベントの予測因子

冠動脈に第2世代以降のDESの留置を受けた約3,500例の日本人患者のデータより、ARCの高出血リスク(HBR)基準を満たした患者は、7年以内の消化管出血、及び頭蓋内出血のリスクが高く、両出血のいずれにも関連する因子として経口抗凝固薬の服用が関連していたことが、Kurashiki Central HospitalのYuya Taguchi氏らにより、5月号のCirculation Journal誌で報告された。

Taguchi氏らは、2010年から2013年に単施設において、第2世代以降のDESを用いて初回PCIを受けた3,453人を対象に、消化管出血、及び...