トップ keyboard_arrow_right ジャーナル keyboard_arrow_right Circ J

CT造影で評価した冠動脈のプラーク形態に対するオメガ3脂肪酸の効果

ACS後にスタチン治療に高用量のEPAを追加した患者は、スタチンのみの治療を受けた患者と比較して、プラークの進展が認められた割合が低かったことが、Fujita Health UniversityのSadako Motoyama氏らにより、5月号のCirculation Journal誌で報告された。

Motoyama氏らは、2013年から2019年に藤田医科大学病院にACSで入院し、ACSを発症の1ヶ月以内と24ヶ月以内に連続してCT造影検査を受...