トップ keyboard_arrow_right ジャーナル keyboard_arrow_right Circ J

心房細動に対するクライオ、ホット、レーザーバルーンを用いたカテーテルアブレーション後の肺静脈狭窄

心房細動に対するレーザーバルーンを用いた肺静脈隔離術(PVI)は、クライオバルーンやホットバルーンによるPVIに比べて肺静脈断面積の減少が大きく、中等度の肺静脈狭窄の発生率が高かったものの、重度の肺静脈狭窄の発生率は3種類のバルーンで同程度で、僅かであったことが、The Jikei University School of MedicineのMichifumi Tokuda氏らにより、12月号のCirculation Journal誌で報告された。

Tokuda氏らは、2017年から2021年に2つの大学病院にて、クライオバルーン(CB群: 153人)、ホットバルーン(HB群: 75人)、又はレーザー...
この記事は無料会員登録でご覧いただけます。
TCROSS NEWSは、循環器領域に携わる医療従事者のための循環器総合情報サイトです。皆様のお役に立つコンテンツをお届けしております。
業界ニュースや最新の海外論文を日本語でお届け
全プラン
循環器内科を中心に7,000名以上の医師が登録中
全プラン
学術集会速報・オリジナル記事をどこよりも早くお届け
ゴールド プラチナ
循環器領域特化のオリジナル動画コンテンツが見放題
プラチナ
豊橋ライブデモンストレーションコース、JBCなどの提携ライブにご招待
プラチナ
有料会員満足度92%!臨床に役立つ価値のある情報をお届け
ゴールド プラチナ

有料プランにご満足いただけないときは、60日間返金保証を行っております。