トップ keyboard_arrow_right ジャーナル keyboard_arrow_right EHJ

複雑な冠動脈疾患を有する糖尿病患者におけるPCI vs CABG後の10年の死亡率: SYNTAXES試験

SYNTAXES試験より、冠動脈の3枝血管疾患/LM疾患患者におけるPCI、又はCABG後の10年の全死亡率は、糖尿病の有無にかかわらず有意差はなかったことが、アイルランド、National University of Ireland, GalwayのRutao Wang氏らにより、1月1日号のEuropean Heart Journal誌で報告された。

SYNTAXES試験では、冠動脈の3枝疾患/LM疾患患者1,800人において、PCI、又はCABGによる治療を比較した無作為試験であるSYNTAX試...