トップ keyboard_arrow_right ジャーナル keyboard_arrow_right EHJ

CRTの植込みを受けた患者における除細動器の有無が生存率に与える影響: RESET-CRTプロジェクト

RESET-CRTプロジェクトより、CRTの植込みを受けた患者において、ペースメーカ付きCRT(CRT-P)は除細動器付きCRT(CRT-D)と比較して生存期間が劣るという結論には至らなかったことが、ドイツ、University of LubeckのMoritz Hadwiger氏らにより、7月14日号のEuropean Heart Journal誌で報告された。

Hadwiger氏らは、ドイツの大規模な公的健康保険制度の医療費請求データベースから確認された2014年から2019年に、心臓突然死の二次予防のため...