トップ keyboard_arrow_right ジャーナル keyboard_arrow_right JACC

左心耳閉鎖術後のデバイス周囲のリークが5年のアウトカムに与える影響: PROTECT-AF試験、PREVAIL試験、CAP2レジストリー統合解析

PROTECT-AF試験、PREVAIL試験、CAP2レジストリーの統合データより、Watchmanデバイスによる経皮的左心耳閉鎖術から1年後のデバイス周囲のリーク(PDL)≦5mmは、身体障害を伴わない脳卒中に関連していたが、全死亡との関連は認められなったことが、アメリカ、Icahn School of Medicine at Mount SinaiのSrinivas Dukkipati氏らにより、8月2日号のJournal of the American College of Cardiology誌で報告された。

Dukkipati氏らは、Watchmanデバイスを用いた左心耳閉鎖術を評価したPROTECT-AF試験、PREVAIL試験、CAP2レジストリーに...