トップ keyboard_arrow_right ジャーナル keyboard_arrow_right JAHA

CTO病変に対するPCI施行による薬物療法と比較した遠隔期の予後改善効果

単施設における10年の追跡データから、CTO病変に対するPCIは、至適薬物療法(OMT)と比較して遠隔期の心臓死のリスクが低かったことが、韓国、Samsung Medical CenterのTaek Kyu Park氏らにより、3月16日号のJournal of the American Heart Association誌で報告された。

Park氏らは、単施設における2003年3月から2012年2月に冠動脈にCTOの認められた2,024人の10年の追跡から、OMTと比較したPCIの予...