トップ keyboard_arrow_right 学術集会速報 keyboard_arrow_right ACC

嬉野医療センターの合力悠平氏、ACC. 22 The Young Author Achievement Awards Asia部門を受賞 ~MI患者における急性腎障害の発症を予測する新たなリスクモデルを開発~

国立病院機構嬉野医療センターの合力悠平氏らがJACC: Asia誌で発表した「血液検査結果の組み合わせに基づく急性腎障害の予測モデル」が、ACC. 22においてThe Young Author Achievement Awards Asia部門を受賞した。この賞はJournal of the American College of Cardiologyの姉妹誌に論文が掲載された若手研究者を対象としており、本年は13人の受賞者のうち日本人著者は2名が選出された。 TCROSS NEWSでは、本研究実施の背景、研究結果のポイントや実臨床に与える影響、そして、日々臨床や研究に励まれる若手医師に向けたメッセージを伺った。

ACC. 22のYoung Author Achievement Awardを受賞されたご感想をお聞かせく...